2008年11月16日

OpenSSH

OpenSSHはネットワーク接続ツールである。SSHプロトコルで、インターネットセキュリテイを高めることができる。PCのWinSCPやPuTTY等のソフトで、N810とPCを無線LANを用いて接続してみた。ファイルの移動や、N810のターミナルの操作がPCで実行できた。

インストールと設定
1. Application managerのBrowse installable applicationsから opensshを選択してインストール。 または、maemo.orgの http://maemo.org/downloads/product/OS2008/openssh/ のページからインストールする。
インストールの途中で、rootのpasswordの設定を行う。このpasswordはログイン時に必要になる。
2. http://winscp.net/eng/docs/lang:jp  のサイトを参考にして、WinSCPの日本語版をPCにインストール。 ファイルの移動は、WinSCPで行える。端末の操作を行うのであれば、PuTTYの実行ファイルもPCに用意する。 http://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/download.html からputty.exeをPCにダウンロードする。

動作確認
1. N810を無線LANで接続
2. 端末で /sbin/ifconfigを実行してIPアドレス(LAN接続のプライベートアドレス)を収得
3. PCのWinSCPを立ち上げる。
4. WinSCPログインセッションを設定する(ホスト名にIPアドレス、ユーザ名にroot、パスワードにrootのpassword、プロトコルはSCPに設定)。
5. ログイン ボタンをクリックすると接続が開始(rootでログインされた)!
6. WinSCP のエクスプローラ風のウインドウでファイルの操作ができる。PuTTY を開いて(コマンド)、端末操作!

参考サイト
OpenSSH
http://www.openssh.com/ja/
http://www.stackasterisk.jp/tech/systemConstruction/openssh01_01.jsp#3
WinSCP
http://linux.kororo.jp/cont/server/winscp.php
LAN(router)
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/router03/router01.html
posted by アリゾニアン at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Tool | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。